関西社会学会 第52回大会


第52回関西社会学会大会は、2001年5月26,27日に桃山学院大学において開催されました。 会員312名、臨時会員59名、計371名の参加者があり、盛況のうちに終了いたしました。 大会の運営にあたられた桃山学院大学の方々のご尽力に心より感謝いたします。

[会場・日程等] [シンポジウム] [総会]

会場・日程等

会場 桃山学院大学
日程
第1日
2001年5月26日(土)
10:00〜12:30 一般研究報告(1)
13:30〜17:00 シンポジウム
17:10〜17:50 総会
18:00〜20:00 懇親会
第2日
2001年5月27日(日)
10:00〜12:30 一般研究報告(2)
費用
年会費 (今年度分)3000円
大会参加費2000円
懇親会費5000円

シンポジウム

第1部会 現代社会の危機と社会学の役割

パネラー 大澤真幸(京都大学)、田中滋(龍谷大学)、松田素二(京都大学)、
森下伸也(金城学院大学)、好井裕明(広島国際学院大学)
司会片桐新自(関西大学)

第2部会 社会調査の多様性と可能性

1. エスニシティと社会調査谷 富夫(大阪市立大学)
2. エスノメソドロジーとフィールド調査山田富秋(京都精華大学)
3. 階層研究の空白の20年吉川 徹(大阪大学)
討論者 大村英昭(関西学院大学)、小林久高(島根大学)
司会 金屋平三(奈良大学)

2001年度関西社会学会総会 式次第


[トップページに戻る]