2018年度第69回大会若手企画部会について

 - 

次回第69回大会では、以下に紹介するテーマで、若手企画部会の開催が予定されています。

 

テーマ「〈語り〉に着目した調査研究の課題を考える――〈病いの語り〉研究の検討を中心に」

趣旨

社会学では、調査対象者の〈語り〉、すなわち、何らかの物語性をもって述懐されるところのものや、述懐するというその行為は、いわゆる質的調査において重要な位置を占めてきた。本部会の企画者らが専攻する医療社会学においても、〈病いの語り〉研究として緩やかに括られる多くの研究が存在する。個人の経験の軌跡を分析単位とするこの視点は、医療社会学ひいては社会学一般に対して多大な貢献をしてきた。しかし一方で、こうした研究がしばしば「語りの特権化」(Atkinson 1997)をしているとする批判がある。具体的には、語られたものこそがその個人の「真の」経験を理解するための一段優れたデータとみなされたり、病いに関わる経験が自律的主体としての語り手による意味生成の側面に還元されその行為の社会的文脈が捨象されている、とする指摘である。このような指摘は、質的調査、とくにインタビュー調査に依る研究一般にも一定程度通底するような方法論的課題を提起している。本部会は、各々の登壇者の調査経験の報告を通して、上記のような批判に研究者がいかに応えうるかについて一定の道筋を示すことを目的とする。(参考文献:Atkinson, P., 1997, “Narrative Turn or Blind Alley?” Qualitative Health Research, 7(3): 325–44.)

コーディネータ

  • 志水洋人(大阪大学)
  • 上野彩(大阪大学)

登壇者

  • 志水洋人(大阪大学):本企画の主旨について
  • 上野彩(大阪大学):希少疾患の語りについて
  • 心光世津子(武庫川女子大学):アルコール依存症者の語りについて
  • 髙木美歩(立命館大学):「自閉症者」の手記という語りについて
  • 山中浩司(大阪大学):指定討論者

(研究活動担当理事 石田淳)

In 大会

2018年度第69回大会シンポジウムについて

 - 

次回第69回大会では、以下に紹介するシンポジウムの開催が予定されています。

テーマ「アートと社会/地域の現在――瀬戸内から考える」

趣旨

近年、アートと社会/地域の結びつきがクローズアップされている。地域「再生」の方針がハードからソフトへと路線変更するなか、行政やNPOなど各種のアクターにとってある種の好適な係留点として「アート」が浮上し、各地で大小のアートプロジェクトが立ちあげられている。一方、アートの側でも、社会や地域とのつながりを意識したプロジェクト型の作品が増えるなど、いわゆる「社会的転回」の動向がすすんでいる。社会がアートを必要とすると同時に、アートも社会を必要としている――この循環的な関係性そのものが、社会の現在を読み解くひとつの手がかりになるのではないだろうか。
アートによる地域振興の最大規模の事例である瀬戸内国際芸術祭は、2016年度に第3回目を迎えたが、3回の開催を経て、一定の距離を取りながらその効果や課題を検討できる時期に来ている。瀬戸内地域はまた、人口縮小や高齢化など、日本社会が直面する難問が徴候的にあらわれている社会の縮図であり、地域「再生」の先端的な現場でもある。そこで本シンポジウムでは、瀬戸内国際芸術祭を中心事例にとりあげ、アートと社会/地域の循環的な結びつきを具体的にあぶり出すなかで、地方社会の未来を展望することをめざし、それぞれの報告者に問いをなげかけることとした。
下記の問いを各報告者の専門的立場から、「瀬戸内」の地理的・歴史的条件をふまえつつ多角的に考察することによって、一方ではアートと社会/地域をめぐる空中戦に陥ることを避け、他方では狭義の地域振興論に収まることを回避しながら、「瀬戸内」を起点としたより一般的な現代社会論としての射程をもつ議論の場を開いてみたい。

報告者

  • 吉澤弥生(共立女子大学):文化の生産という観点から、地域におけるアートプロジェクトの課題と可能性はどのように読み解けるのか、について論じていただきます。
  • 宮本結佳(滋賀大学):地域にとってのアートの意味という視点から、離島におけるアートプロジェクトの展開を通じて、地域社会にいかなる変化が起きたのか、について論じていただきます。
  • 徳田 剛(大谷大学):ジンメルを援用した空間や移動、芸術をめぐる理論的視座から、アートと地域の結びつきはどのようにとらえられるのか、について論じていただきます。

コメンテーター

  • 宮原浩二郎(関西学院大学)
  • 近森 高明(慶應義塾大学)

司会

  • 今井信雄(関西学院大学)
  • 藤井和佐(岡山大学)

(企画 研究活動担当理事 近森高明・藤井和佐)

In 大会

2018年度第69回大会のご案内

 - 

次回第69回大会は、松山大学文京キャンパスで開催されます。

①大会会場

  • 松山大学文京キャンパス 8号館4階及び5階
  • 大会実行委員会委員長 山田富秋
  • 大会事務局長 大倉祐二
  • 大会事務局 E-mail:ksa69.matsuyama(アットマーク)gmail.com

※大会事務局にメール送信の際は、(アットマーク)を@に修正して下さい。
※大会事務局の緊急の際の電話番号については、4月以降に、学会ホームページと、大会開催前に郵送される大会プログラムにて公開いたします。

会場へのアクセス

②大会日程

<第1日目 6月2日(土)>

  • 13:30~ 受付開始
  • 14:00~16:30 一般研究報告A(部会口頭報告)I および若手企画部会
  • 16:45~17:30 総会
  • 18:00~20:00 懇親会

<第2日目 6月3日(日)>

  • 09:00~ 受付開始
  • 09:30~12:00 一般研究報告A(部会口頭報告)II
  • 11:30~13:00 一般研究報告B(ポスター報告)
  • 13:00~16:00 シンポジウム

③費用

  • 大会参加費:2,000円
  • 懇親会費:5,000円(一般),3,000円(学生)

④宿泊

  • 大会実行委員会から宿泊斡旋はいたしませんので、会員各自が予約してください。
  • 道後温泉宿泊希望の方は、お早めの予約が必要です。
  • 松山大学に一番近いビジネスホテルは、ビジネスホテル泰平です。

⑤大会開催期間の昼食

  • 大会開催期間の昼食については、隣接する樋又キャンパスの1階「ル・ルパ」が11:00~14:00(13:30ラストオーダー)で営業しておりますので、そこでお取りください。また近隣に複数のコンビニエンスストアがあります。

⑥一時保育のお知らせ

  • 大会開催中、一時保育を提供する予定です。利用には事前申込みが必要です。詳細については、学会ホームページと、大会開催前に郵送される大会プログラムをご覧ください。

(大会実行委員会委員長 山田富秋)

In 大会

2018年度大会一般報告の申込・入会申込の締め切り日の繰り上げについて

 - 

2018年度第69回大会(松山大学、6月2日(土)・3日(日))での一般研究報告の申込締め切り日は、例年より10日ほど繰り上げて、2018年3月10日(土)になりました。
これに合わせて、現在、非会員で第69回大会の一般研究報告に申込をされる方は、入会していただく必要がありますが、その申込締め切り日も3月10日(土)になります。こちらのページから入会申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、3月10日(土)までに(必着)、事務支局にご郵送ください。

(会計・総務担当理事 黒田浩一郎)

In 大会

第14回アジア太平洋社会学会(APSA)大会のお知らせ(2018.10.5-7)

 - 

社会学系コンソーシアム事務局より、第14回アジア太平洋社会学会(APSA)大会の案内が届きました。開催期間は2018年10月5日から7日、場所は星槎大学です。抄録を募集しており、締め切りは2018年3月31日です。
関心のある方は必ず、大会公式WEBサイトを確認して下さい。
以下、詳細を転記します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

the 14th APSA Conference

 この度、第14回アジア太平洋社会学会(APSA)大会を、星槎大学箱根キャンパスにて、2018年10月5日(金)、6日(土)、7日(日)に開催いたします。大会テーマは、「 相互接続、社会変容、グローバルモビリティ:未来への可能性の探求(Interconnections, social transformation, and global mobility: Exploring possible ways towards the future)」です。国を越えて社会学者や社会科学者が結び付き、研究成果をシェアしながら、グローバルな今日的社会課題を共に考え、国際的相互理解を深めていきたいと考えています。多くの方のご参加をお待ちしております。

アジア太平洋社会学会会長
第14回アジア太平洋社会学会大会実行委員長
細田満和子(星槎大学)

◆大会までのスケジュール
2017年12月:抄録募集開始(口頭発表、ポスター、ラウンドテーブルディスカッション)
2018年3月:抄録提出締め切り
2018年5月15日:採択の通知
2018年7月15日:事前受付締め切り(すべての報告者は登録してください)
2018年10月5-7日:大会開催

◆開催地:星槎大学箱根キャンパス
〒 250-0631. 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817
TEL:0460-83-8202 FAX:0460-83-8203

◆お問い合わせ:apsa14th@gmail.com

最新情報は学会ホームページをご覧ください。https://apsasociology.wordpress.com/conference/

アジア太平洋社会学会ポスター(PDF形式)

以上。