2022年度第73回関西社会学会大会(オンライン開催)のご報告

2022年5月28日(土)~29日(日)、関西社会学会第73回大会は、新型コロナ感染症対策のため、オンラインで開催されました。参加登録者は約260名(会員・非会員を含む)と、多くのご参加を得ることができました(昨年度は257名)。

一般研究報告は11部会。オンラインの各部会では活発な議論が展開され、2名の報告者に奨励賞がおくられました(詳しくは関連記事をご参照ください)。

共催校企画「社会学を高校生にも2:実践編」では、大阪高等学校、立命館宇治中学校・高等学校、愛知県立岡崎高等学校の生徒の皆さんと担当の高校教員の方々にご報告いただきました。司会の山本晃輔さん(関西国際大学)が事前に発表のリハーサル指導を行い、本番に臨みました。高校生のフレッシュで充実した発表に対し、小川伸彦さん(奈良女子大学)、丹辺宣彦さん(名古屋大学)が社会学の視点からコメントされました。参加者は約70名。社会学と高校教育をつなぐ貴重な実践となったと思います。

3年目の開催となった「自著を語る~MY FIRST BOOK~」では、郝洪芳さん(ミシガン大学・日本研究センター)、サンドラ・シャールさん(ストラスブール大学)、松村淳さん(関西学院大学)が、司会の工藤保則さん(龍谷大学)と「最初の著書」をめぐって語りあい、編集者、参加者を交えて本を出版することの意義を協議しました。国際化したこの部会には35名の参加がありました。

招待講演には,岡野八代さん(同志社大学)をゲストに招き,「ケア/ジェンダー/民主主義」というタイトルでご講演いただきました。続いてシンポジウム「ケアから社会を構想する――ポストコロナの社会理論」を開催。コロナ禍で露呈したケアをめぐる社会問題に焦点を当て、ケアという視点からコロナ後の社会および社会理論を構想しました。報告者は、落合恵美子さん(京都大学)、山田陽子さん(大阪大学)、千種キムラ・スティーブンさん(早稲田大学ジェンダー研究所)、イト・ペングさん(トロント大学):動画による報告。後半部では、討論者の岡野八代さんから鋭い問題提起がなされ、ケアという視点からインターセクショナルな連関を可視化しつつ、ポストコロナの社会/社会理論に向けて議論が深められました。参加者は約110名。司会は岡崎宏樹(神戸学院大学)がつとめました。

共催校特別企画、自著を語る、シンポジウムについては次号『フォーラム現代社会学』で詳しくご紹介する予定です。

3年連続のオンライン開催となり、ご不便をおかけしましたが、関西国際大学・実行委員会のスタッフの皆様をはじめ、たくさんの方々のご支援により無事に大会を終えることができたことを大変うれしく、有難く思います。

今期研究活動委員会の任期はこれにて終了です。皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

前・研究活動委員長 岡崎宏樹

 

*大会参加費の領収書は、大会特設サイトからPDFファイルでダウンロードできます。大会は終了しましたが、6月19日(日)までサイトを利用可能にします。マイページにて、氏(〇〇大学)、名(関西太郎)と設定すれば、領収書の宛名に大学名を入れることも可能です。なお、大会特設ページは当学会がブランドコンセプト社に委託し構築しました。クレジットカード支払いの場合、大会参加費はいったんブランドコンセプト社に集約されますが、集計後、当学会に払い戻されます。クレジットカード支払の場合、クレジットカードの支払先欄にブランドコンセプト社の記載が入りますが、大会参加費の支払い先は当学会です。

 

—以下は大会関連の告知内容の記録です—

 

 

関西社会学会第73回大会に関する情報を、お伝えします(2022年5月1日更新)。

2022年1月9日の理事会において,第73回大会は,新型コロナウイルス感染症対策のため,オンライン開催にすることが決まりました。ご協力くださいますようお願い申し上げます。

具体的には、以下の通りです。

*2022年5月1日更新:「大会プログラム」「参加者マニュアル」「参加登録・参加費支払いのご案内」「オンライン大会開催のガイドライン」「高等学校の先生方へ」「自著を語る~MY FIRST BOOK~」を追加しました。また、「招待講演「ケア/ジェンダー/民主主義」について」「シンポジウム「ケアから社会を構想する――ポストコロナの社会理論」について」「共催校(大会校)特別企画「社会学を高校生にも2:実践編」について」を改訂。

長崎県立大学地域創造学部専任教員(地域社会論)公募のお知らせ

このたび長崎県立大学地域創造学部公共政策学科では、「地域社会論」および「フィールド調査法」を主に担当する専任教員を公募することとなりました。
詳細は下記のWebページおよびJREC-IN Portalのページをご覧ください。

長崎県立大学教員公募のページ・専任教員(地域社会論)公募について
https://sun.ac.jp/staff_recruit/

JREC-IN Portal・専任教員の公募(地域社会論)
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D122090702&ln_jor=0&top_btn=1

2023年度笹川科学研究助成の募集について

◆ご応募について
■主な募集条件
【学術研究部門】
・大学院生等(修士課程・博士課程)
・35歳以下の任期付き雇用の若手研究者
・ただし、「海に関係する研究」は重点テーマとして支援し、雇用形態は問わない。
・助成額は、1件150万円を限度とする

【実践研究部門】
・学校・NPO職員等に所属している方
・博物館、図書館等の生涯学習施設に所属している学芸員・司書等
・年齢、雇用形態は問わない。
・助成額は、1件50万円を限度とする

■申請期間
・申請期間:2022年 9月15日 から 2022年10月17日 23:59 まで

■申請方法
Webからの申請となります。詳細は本会Webサイトをご確認下さい。
https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/

 

◇ご周知について
□Webでの周知について
笹川科学研究助成の募集があることを、HPやTwitter等のSNSに投稿いただけると幸いです。
本会Webサイトにリンクをしていただける際には、お知らせ願います。

□ポスターについて
下記の募集告知のためのポスターを印刷し、ご周知頂けますと幸いです。
https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/data/2023poster.pdf

☆Twitterについて
本会の情報等を発信していますので、フォローして頂けると幸いです。
https://twitter.com/jss_info

<問い合わせ先>
公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成係
TEL:03-6229-5365
URL:https://www.jss.or.jp
E-mail:josei@jss.or.jp

研究員募集【政治学・社会学分野】(2022年9月30日締切)のお知らせ

(公社)国際経済労働研究所 労働政治研究事業部では、研究員1名を募集します。
1.募集職名
研究員
2.募集分野
政治学、社会学
3.応募方法
・メールでのみ受付
・2022年9月30日必着
4.採用予定日
2023年4月1日(応相談)
5.募集の背景
国際経済労働研究所は、1948年に「自立的に運動を進めるためには自前の調査研究・情報編集機能を有しなければならない」という考えのもと設立されたシンクタンクです。設立以降、社会的な要請に応える調査運動を展開してきました。
今回募集を行っている労働政治研究事業部は、労働運動における政治への働きかけ(国会・地方議員の擁立や労働者のアドボカシー活動など)に資する調査研究を、労働組合と研究者の共同参画により展開しています。
具体的には、国政選挙後に行う「組合員政治意識調査」を当面の事業の柱としつつ、研究プロジェクトや、関連するテーマの講演や勉強会などの形で、政治・政策に関わる研究をおこなってきました。
今後、調査の刷新や研究プロジェクトの新規立ち上げなど事業の拡大を予定しており、一緒に事業を担っていただける方を募集します。
6.仕事内容
労働組合とともに取り組む調査・研究
・調査および研究の設計、分析(単純集計、多変量解析)、報告書の作成、報告会議の講師
・調査や研究プロジェクト等の企画、プロデュース、コーディネート(調整・折衝)等
7.募集要項の詳細
詳細については下記のWebページをご覧ください。
(1)国際経済労働研究所 研究員採用ページ
(2)JREC-IN Portal
8.お問い合わせ先
本件に関するお問い合わせは、上記メールアドレス宛にお送りください。
(公社)国際経済労働研究所 採用担当(阿部)
E-Mail:recruit<アットマーク>iewri.or.jp
※<アットマーク>を@に変えてください。

関西社会学会第73回大会での奨励賞受賞者について

関西社会学会会員各位

関西社会学会第73回大会での奨励賞受賞者について

奨励賞選考委員会は、下記の2名の方々に奨励賞を授与することを決定しましたので、ご報告します。

委員会では、司会者による評価と、候補者それぞれの報告資料を確認し、下記の2名の方々に奨励賞を授与することが妥当であると判断いたしました。

選考委員の先生方、どうもありがとうございました。

第73回大会奨励賞受賞者(2名)

・河原優子(京都大学)
「二次創作における文化実践の可能性―著作権をめぐる相互作用から―」

・増井恵理子(滋賀大学)
「高校生の価値志向が性別専攻分離に与える影響に関する分析」

2022.5.29
奨励賞選考委員長 谷富夫

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2022年度後期募集

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの

参加研究者を募集しています。

公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館・川口 NHKアーカイブス、大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

 

○2022年度後期閲覧期間  2022年10月~2023年3月 (1組 30日間まで利用可)

※コロナ感染防止のため閲覧が延期・停止になる場合があります。
○募集対象者      大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大学院生

○募集締め切り     2022年7月21日
○募集研究数      放送博物館(6組)・川口 NHKアーカイブス(4組)・大阪放送局(2組)

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

大正大学心理社会学部人間科学科 専任教員(アイデンティティの社会学)の公募について(2022年6月23日必着)

(1) 専門分野:社会学

※現代社会における自己やアイデンティティについての経験的研究の業績のある者。

(2) 担当科目: 前期共通教育科目、アイデンティティの社会学(新設予定)、社会調査演習I・Ⅱ、人間科学特別研究、人間科学基礎ゼミナール、人間科学専門演習Ⅰ・Ⅱ

(3) 職位:教授、准教授、専任講師(常勤・任期なし)

※ただし、これまでの教育・研究業績等により任期制採用の場合もある。

(4) 募集期間:2022年04月27日 ~ 2022年06月23日 必着

 

詳細、必要書類などは、下記サイトページに公表されています。

・求人公募情報検索: 研究者人材データベース JREC-IN Portal

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D122041478&ln_jor=0

※JREC-IN Portalの「Web応募」機能を使用し、指定の書類を1つのフォルダにまとめて圧縮して応募してください。

※詳細は注意事項をご参照ください。

 

・大正大学[公式サイト]「教員採用情報」

https://www.tais.ac.jp/utility/recruit/teacher/

神戸学院大学現代社会学部【社会学(家族・ジェンダー)、社会調査】専任教員(任期付)公募のお知らせ(2022年7月4日締切)

神戸学院大学現代社会学部現代社会学科では、教員1名を募集します。

1.募集職名
(5年任期付教員)准教授・講師

2.募集分野
社会学(家族・ジェンダー)、社会調査

3.提出期限
(1)郵送の場合:2022年7月4日(月)必着
(2)ウェブ応募の場合の場合:2022年7月4日(月)17時00分

4.採用予定日
2023年4月1日

5.問い合わせ先
神戸学院大学現代社会学部長
e-mail : gendaisyakai<アットマーク>j.kobegakuin.ac.jp
※<アットマーク>を@に変えてください。
※本件に関するお問い合わせは、上記メールアドレス宛にお送りください。

6.詳細
下記のWebページをご覧ください。
(1)神戸学院大学「教育職員採用情報」
https://www.kobegakuin.ac.jp/adoption_staff/information/230401professor_social.html

(2)JREC-IN Portal
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D122031045&ln_jor=0

神戸学院大学現代社会学部【社会学(文化・メディア)】専任教員公募のお知らせ(2022年7月4日締切)

神戸学院大学現代社会学部現代社会学科では、教員1名を募集します。

1.募集職名
(パーマネント)教授・准教授・講師

2.募集分野
社会学(文化・メディア)

3.提出期限
(1)郵送の場合:2022年7月4日(月)必着
(2)ウェブ応募の場合の場合:2022年7月4日(月)17時00分

4.採用予定日
2023年4月1日

5.問い合わせ先
神戸学院大学現代社会学部長
e-mail : gendaisyakai<アットマーク>j.kobegakuin.ac.jp
※<アットマーク>を@に変えてください。
※本件に関するお問い合わせは、上記メールアドレス宛にお送りください。

6.詳細
下記のWebページをご覧ください。
(1)神戸学院大学「教育職員採用情報」
https://www.kobegakuin.ac.jp/adoption_staff/information/2341professor_social.html

(2)JREC-IN Portal
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D122031044&ln_jor=0

ロシアによるウクライナ侵略についての理事会声明

関西社会学会理事会は、2022年2月24日にはじまったロシアによるウクライナへの軍事侵略に強く抗議する。この軍事侵略は、子どもをふくめたウクライナ市民への無差別攻撃、国際法で禁じられている核施設への攻撃、また核戦争に発展しかねない威嚇など、まったく正当化できる余地のない蛮行である。本理事会は、ロシア軍がこの軍事侵略を即時に停止し、ウクライナの地から速やかに撤退することを強く要求する。

2022年3月23日

関西社会学会理事会

 

Board Statement on Russia’s aggression of Ukraine

The Board of the Kansai Sociological Association strongly protests against Russia’s military aggression in Ukraine that began on February 24, 2022.  This military aggression is an unjustifiable act of barbarism, including indiscriminate attacks on Ukrainian civilians, attacks on nuclear facilities prohibited by international law, and threats that could lead to nuclear war. The Board of the Kansai Sociological Association strongly demands that Russian military cease this aggression immediately and withdraw from Ukrainian territory.

23 March 2022

The Board of the Kansai Sociological Association, JAPAN