愛知大学文学部専任教員(社会学関係)公募のお知らせ(2019.6.17〆切)

 - 

愛知大学文学部より、専任教員(社会学関係)公募の案内が届きました。応募締め切りは2019年6月17日(必着)です。以下、概要を転記します。

なお、応募を検討される方は必ず、同大公式サイトで詳細を確認して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

愛知大学文学部専任教育職員(社会学関係)の公募について
(2019年6月17日締め切り)

  • 採用職名:教授、准教授(専任教員・任期なし)
  • 所属学部:文学部(豊橋キャンパス・豊橋市町畑町)
  • 主な研究分野:「労働・消費などの活動と企業・産業」および「階級・階層・社会的不平等」にかかわる社会学分野
  • 用予定日: 2020年4月1日
  • 募集期間: 2019年6月17日(金)必着

(1)担当科目:専門教育科目

  • 「産業社会学」 2単位 2年次 (コース共通選択科目) ※2021年度予定の学科再編に際して、科目名および科目区分の変更がありうる。
  • 「社会調査法Ⅲ」 2単位 3年次 (社会学専攻必修科目) ※社会調査協会の標準カリキュラムD科目に相当。
  • 「社会調査実習」 4単位 3年次 (コース必修科目) ※社会調査協会の標準カリキュラムG科目に相当。
  • 「社会学演習Ⅰ、Ⅱ」 2単位×2 3年次 (コース必修科目)
  • 「社会学演習Ⅲ、Ⅳ」 2単位×2 4年次 (コース必修科目)

その他、次の科目を担当できることが望ましい。

  • 「社会学概論」 2単位 2年次 (コース必修科目) ※社会調査協会の標準カリキュラムA科目の内容を含む。
  • 「集団・組織論」 2単位 2年次 (コース共通選択科目) ※2021年度予定の学科再編に際して、科目名および科目区分の変更がありうる。
  • また、社会調査士資格の取得にかかわる科目を含め、社会学コースに設置する他の科目の担当もありうる。

(2)担当科目:共通教育科目

  • 「社会学」
  • なお、「社会学」に隣接する他の科目の担当もありうる。

詳しくは下記の大学ホームページをご覧ください。
http://www.aichi-u.ac.jp/profile/recruitt/29765

以上。


「第17回嗜好品文化フォーラム」のご案内(2019.5.11)

 - 

嗜好品文化研究会より、2019年5月11日(土)に開催される「第17回嗜好品文化フォーラム」の案内が届きました。参加申込みの締め切りは5月8日(水)です。以下、案内を転載します。
なお、参加を検討される方は、必ず嗜好品文化研究会の公式WEBサイトで情報を確認して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第17回嗜好品文化フォーラム

第17回フォーラムは、午前中に2018年度研究助成を受けた大学院生の研究報告、午後は「嗜好品とAI」をテーマとする記念講演・基調報告と総合討論を行います。

午前中の助成研究発表は、炭鉱町の愉しみ、邪視(Evil Eye)、花椒、ガンビール(阿仙薬)、パチンコ等さまざまな視点からのアプローチが期待されます。
「嗜好品とAI」をテーマとする午後の部は、江間有沙先生(東京大学未来ビジョン研究センター特任講師)の「AI社会での愉しみ方」と題する記念講演からスタートです。基調報告は研究会代表幹事・高田公理先生が問題提起。それを受けてのパネルディスカッションとなります。

ご来場いただいた皆様には、2017-2018年度助成研究の報告書集を配布いたします。

  • 名称:第17回嗜好品文化フォーラム
  • 日時:2019年5月11日(土) 10:00─16:30(開場:9:45)
  • 場所:京都新聞文化ホール(京都市烏丸丸太町近く)

タイムスケジュール

  • 10:00 第1部 2018年度助成研究口頭発表
    • 川松あかり「炭鉱町の日常──嗜好品文化の場と記憶」
    • 工藤さくら「ネパールにおける酒と邪視(Evil Eye)」
    • 謝春游「花椒の「しびれ」を楽しむ四川人」
    • 西川慧「換金作物ガンビールの流通と消費に関する人類学的研究」
    • 若宮花瑛「嗜好品として提供されるパチンコ」
  • 12:10 (休憩)
  • 13:30 第2部 挨拶
  • 13:35 記念講演「AI社会での愉しみ方」 江間有沙(東京大学未来ビジョン研究センター特任講師)
  • 14:20 基調報告「AIと嗜好品をめぐって」 高田公理(武庫川女子大学名誉教授)
  • 14:50 (休憩)
  • 15:15 総合討論
    • 江間有沙(東京大学未来ビジョン研究センター特任講師)
    • 太田心平(国立民族学博物館准教授)
    • 斎藤光(京都精華大学教授)
    • 髙田公理(武庫川女子大学名誉教授)
    • 藤本憲一(武庫川女子大学教授)
    • コーディネーター:井野瀬 久美惠(甲南大学教授)
  • 16:30 閉会

  • 申込&問合せ:お申し込みはハガキ、電話、FAX、E-mailのいずれかで、下記の必要事項を記入のうえ、お申し込み下さい。応募締切は5月8日(水)(必着)
  • [必要事項]
    1. 「嗜好品文化フォーラム参加希望」
    2. 氏名
    3. 所属
    4. 郵便番号・住所
    5. 連絡先(電話番号・携帯番号・FAX番号・E-mailのいずれか。複数記入可)
  • [ハガキ]〒604-0863 京都市中京区夷川通室町東入巴町83番地 CDI内「嗜好品文化研究会」フォーラム係
  • [電話] 075-253-0660
  • [FAX] 075-253-0661
  • [E-mail] minowa@cdij.org(箕輪)

以上。


「2019年度笹川スポーツ研究助成・研究奨励の会」のご案内(2019.4.19)

 - 

笹川スポーツ財団・研究助成事務局より、2019年4月19日に開催される「研究奨励の会」の案内が届きました。申込締め切りは、2019年4月12日です。以下、案内を転載します。
なお、参加を検討される方は、必ず笹川スポーツ財団の公式WEBサイトで情報を確認して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2019年度笹川スポーツ研究助成 研究奨励の会

  1. 日程:平成31年4月19日(金) 10:00~15:00
  2. 場所:ANAインターコンチネンタルホテル東京地下1階(東京都港区赤坂1-12-33)
  3. プログラム:
    1. 研究発表会(優秀研究受賞者) 10:00~11:25
    2. 決定通知書授与式 11:35~12:20
    3. 研究者交流会 12:30~15:00
      • 研究発表会の発表者については、決まり次第ホームページに掲載いたします。
      • 研究者交流会で、優秀研究受賞者のパネル発表を実施いたします。
  4. お申し込み:以下のURLをクリックしていただき、必要事項をご記入の上、お申し込みください。

以上。


2019年度第70回大会期間中の託児室のご案内

 - 

第70回大会事務局より、大会期間中の託児室の案内が届きました。本年度は例年より申し込み締め切りが早く、2019年5月10日(金)17時となっています。また、申し込みが定員に達した場合、それよりも早く締め切る可能性があります。
利用を検討されている方は、お早めに内容をご確認下さい。また、周囲に託児サービスを必要とされている会員の方がいらっしゃいましたら、お声がけ下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2019年度第70回大会期間中の託児室のご案内

大会期間中、託児室を設置します。託児業務は、民間のシッターサービス(TOMMY)に委託します。

利用料は、お子さまお一人につき1時間あたり1,000円です。学会開催校から補助を行って、そのうえで利用者が1時間につき1000円利用料をご負担いただきます。学会員以外の方もご利用になれます。

  • 利用時間
    • 6月1日(土) 12:30~17:30
    • 6月2日(日) 9:00~15:30
    • ※2日目の昼食は、保護者の方が引き取って一緒にお取り頂くようお願いします。昼食引き取り時間は各自、設定してください(昼食時の利用料金はかかりません)。
  • 利用料金:お子さまお一人につき1時間あたり1,000円
  • 対象年齢:0歳児から未就学児まで
  • 申し込み方法:託児室の利用を希望される方は、①から⑤までの項目を必ずすべてご記入のうえ、2019年5月10日(金)17:00までに、下記のアドレスまでお申し込みください。
    • ①保護者氏名
    • ②託児室を利用されるお子さまの人数
    • ③お子さまのお名前、年齢・月齢、性別(お2人以上の場合は全てのお子さまについて)
    • ④保育希望の日時(何日の何時から何時まで保育を希望するか)
    • ⑤託児室利用についての連絡先:メールアドレスと電話番号(当日、緊急連絡が可能な番号)
    • (⑥アレルギー等の特別な配慮について)
    • *定員になった場合、締め切らせて頂くことがありますので、お早めにお申し込みください。
  • 申し込み先
    • 大会実行委員会事務局メールアドレス:ksa70.kg(アットマーク)@gmail.com(メールを送る場合は、アットマークを@にしてください)
    • メールの標題は、「第70回関西社会学会大会 託児室予約」と記入してください。
  • その他
    • お預かり中におやつや飲み物が必要な場合は、保護者さまの方でご用意ください。
    • お昼寝が必要なお子さまには、バスタオルをご持参ください。
    • ご利用料金のお支払いは、学会受付にて現金でお支払いください。託児室の受付は、学会参加費の受付の隣に設置する予定です。
    • 当日のキャンセルにはキャンセル料(全額)が発生します。

以上。

In 大会

日本証券奨学財団2019年度「研究調査助成」及び「研究出版助成」の募集について

 - 

日本証券奨学財団より、2019年度「研究調査助成」及び「研究出版助成」の募集について、案内が届きました。同財団の公式ホームページ上では、「研究調査助成」と「研究出版助成」のそれぞれについてページを設け、趣旨、手続きなどの詳しい解説がされています。関心のある方は、リンク先を参照の上、応募を検討して下さい。
なお、どちらの助成についても申込期間は「2019年4月1日から6月30日(必着)まで」となっています。


(ご案内)声明「基幹統計における不正問題への対応と社会学の協力について」

 - 

2019年3月27日付で、日本社会学会理事会と社会学コンソーシアム理事会は共同して、「統計不正問題」に対する声明を発表しました。

社会学コンソーシアムの公式ホームページより、PDF形式で内容が確認できます。


シンポジウム「ロナルド・ドーア教授と日本 振り返りと今後の展望」のご案内(2019.3.20)

 - 

同志社大学より、2018年11月に逝去されたロナルド・ドーア氏を偲ぶシンポジウムについて、案内が届きました。2019年3月20日に、同志社大学今出川校地にて開催されます。
以下、概要を転載します。故人とご縁のあった方はもちろん、一般の方の参加も広く受け付けているそうです。関心のある方は、必ず同志社大学の公式WEBサイトより詳細を確認して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

シンポジウム
ロナルド・ドーア教授と日本――振り返りと今後の展望

2018年11月93歳で亡くなられた、日英の労働社会学、労働経済学の巨星、ロナルド・ドーア教授(ロンドン大学名誉教授・同志社大学名誉文化博士)を偲ぶシンポジウムを実施します。
本シンポジウムではオックスフォード大学よりヒュー・ウィタッカー教授、酒向真理教授をお招きして、ドーア教授の業績を振り返り、今後の日本の働き方について考えます。

開催日:2019年03月26日(火)15:00~17:00
開催場所:今出川校地(室町キャンパス)寒梅館KMB208
費用:無料
対象者:在学生、受験生、卒業生、一般の方
参加申込:申込不要
主催:同志社大学 働き方と科学技術研究センター

18時から開催される懇親会については、事前申込が必要です。公式WEBサイトより、詳細を確認して下さい。

以上。


京都大学春秋講義「平成31年度春季講座」のご案内「平成を振り返って――日本を取り巻く世界の変化」

 - 

京都大学より、「京都大学春秋講義 平成31年度春季講座」の案内が届きました。テーマは、「平成を振り返って――日本を取り巻く世界の変化」です。
以下、概要を転記します。関心のある方は、記事中にあるリンクより詳細を確認して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

<平成31年度春季講座 概要>

京都大学では、学術研究活動の中で培われてきた知的資源について、広く学内外と共有を図るため、年に2回、春と秋に公開講座を開催しております。今回は「平成を振り返って-日本を取り巻く世界の変化」をテーマに、下記の内容で行います。

  • 場所:京都大学 百周年時計台記念館 百周年記念ホール
  • スケジュール:
    • 4月10日(月)「平成」のアメリカ政治-その展開と日本への影響(待鳥聡史 法学研究科 教授)
    • 4月15日(水)ソ連解体と中央ユーラシア研究-開かれたフィールド、資料、協働の可能性(帯谷知可 東南アジア地域研究研究所 准教授)
    • 4月24日(月)大国への歩み-中国共産党の30年(石川禎浩 人文科学研究所 教授)
  • 詳細につきましては、本学ホームページご案内ポスター(PDF形式)ご確認いただけましたら幸いです。

以上。


第5回地区防災計画学会大会 「都市の防災教育研究と地区防災計画における女性の視点」のご案内(2019.3.2)

 - 

地区防災計画学会より、第5回大会「都市の防災教育研究と地区防災計画における女性の視点」の案内が届きました。2019年3月2日(土)に開催されます。
概要を転載します。関心のある方は、リンク先より詳細を確認し、参加申し込みをして下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第5回地区防災計画学会大会

都市の防災教育研究と地区防災計画における女性の視点

  • 日時:2019年3月2日(土)9:30~18:30(予定)
  • 会場:大阪市立大学杉本キャンパス全学共通教育棟8号館
  • 参加費:無料
  • 申込:地区防災計画学会HPから http://www.gakkai.chiku-bousai.jp/ev190302.html
  • 個人報告:45テーマ
  • シンポジウム①「堺市北区五箇荘校区における地区防災への取組」
    • モデレーター:生田英輔(大阪市立大学准教授)
    • シンポジスト:
      • 西山則夫(堺市北区五箇荘校区自治連合会会長)
      • 山田浩己(堺市北基幹型包括支援センターセンター長)
      • 岩城千映子(堺市危機管理室危機管理課主幹)
      • 佐伯大輔(大阪市立大学准教授)ほか
  • シンポジウム②「地区防災計画と女性の視点」
    • モデレーター:矢守克也(京都大学防災研究所教授)
    • シンポジスト:
      • 室﨑益輝(兵庫県立大学教授・地区防災計画学会会長)
      • 加藤孝明(東京大学生産技術研究所准教授)
      • 磯打千雅子(香川大学IECMS准教授)
      • 阪本真由美(兵庫県立大学准教授)
      • 山本美咲(元高知市地域防災推進課、高知県立大学)
  • 詳細:地区防災計画学会HPから http://www.gakkai.chiku-bousai.jp/ev190302.html

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2019年度第2回募集(2019年3月29日締め切り)

 - 

NHK番組アーカイブス学術利用トライアル事務局より、2019年度第2回募集の案内が届きました。このプロジェクトは2010年からスタートし、2016年度から2019年度第1回公募まで合計141件の応募があったとのことです。
以下、概要を転記します。なお、応募を検討される方は、必ずプロジェクトの公式ホームページを確認して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2019年度第2回募集

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館・川口 NHKアーカイブス、大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

  • 第2回閲覧期間:2019年6月~8月 (1組 20日間まで利用可)
  • 募集対象者:大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大学院生
  • 募集締め切り:2019年3月29日
  • 募集研究数:放送博物館(6組)・川口 NHKアーカイブス(2組)・大阪放送局(3組)

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/