Home 大会 • 2019年度関西社会学会大会若手企画 「21世紀の社会学理論の課題を考える――複雑性理論を経由して」 第4回打合せ会合(研究会)のお知らせ

2019年度関西社会学会大会若手企画 「21世紀の社会学理論の課題を考える――複雑性理論を経由して」 第4回打合せ会合(研究会)のお知らせ

 - 

研究活動委員会より、2019年度第70回大会若手企画部会第4回打合せ会合(研究会)について、お知らせします。企画趣旨については第1回会合の記事をご参照ください。

この研究会にはどなたでもご参加いただけますが、会場の収容人数に限りがあります。初めて参加を希望される方は、案内文の最後にある連絡先までお問い合わせ下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2019年度(第70回)大会若手企画
「21世紀の社会学理論の課題を考える――複雑性理論を経由して」
第4回公開打合せ会合(研究会)

  • 日時:2019年2月16日(土)14時~17時
  • 場所立命館大学大阪梅田キャンパス第6教室(〒530-0018 大阪府大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル5階)
  • 内容:経済社会学における遂行性アプローチとこれを批判したエレーナ・エスポジトの社会システム論の意義について、複雑性理論との比較を交えながら検討する。
  • 報告者:金信行氏(東京大学大学院/博士課程)
  • コメンテーター:北川亘太氏(関西大学・准教授)
  • 備考:会場の収容人数に限りがあるため、初めてご参加いただく場合には、事前に企画者の金瑛(eikin231(アットマーク)gmail.com)までご連絡ください。

以上。

In 大会