2021年度第72回大会シンポジウムについて

シンポジウム「高校教育と社会学」(仮)

 趣旨

今期(2019年~2022年)の研究活動委員会は,〈社会学のルーツと境界を探り,アクチュアリティを問う〉をコンセプトに,さまざまな可能性を追求しています。

2020年度の第71回大会(10月11日:オンライン開催)では,現代の政治をアクチュアルに問うシンポジウム「2010年代の政治と権力――何が破壊され,何が生まれたのか?」が開催され,活発な議論を展開されました。詳細は『フォーラム現代社会学』第20号(2021年)の特集をご覧ください。

次回第72回大会シンポジウムのテーマは「高校教育と社会学」です。中等教育と大学教育の「あいだ」で,社会学のアクチュアリティを問い,〈社会学の未来/社会の未来〉を展望したいと思います。

社会学は大学から学ぶものという通念があります。実際,日本の中等教育(特に社会科・公民科)で社会学が果たしている役割は,この学知のもつ力からすれば,きわめて限定的です。社会学は,中学社会の公民的分野や高等公民科を基礎づける学問の一つでありながら,同じ社会科学である経済学や法学と比較して,その占める割合がきわめて低いといえます。しかし,国際的にみれば,高校で社会学が教えられている国も多数あり,「社会学は大学から」はグローバルな常識ではありません。

もし我が国の中等教育において社会学の知と技法を有効に活用できるように制度を構築するならば,学習者が多いだけにその影響は大きく,将来の社会学徒の育成にも寄与するはずです。そして,その努力は,社会学の力を活かして,未来の社会を形成する諸実践へとつながってゆくでしょう。

すでにそうした試みは始まっています。2020年4月,日本社会学会社会学教育委員会は,学会ホームページに高校生向けのウェブページ「社会学への誘い:高校生・進路を考えている皆さんへ」を公開しました。高校教育の現場でも社会学の学知を積極的に授業に取り入れている事例があります。シンポジウムでは,こうした先進的な取り組みを視野に入れつつ,中等教育と社会学教育を制度的に結びつけるには,何が必要なのか,また,それによって,どのような〈社会学の未来/社会の未来〉を描くことができるのかを考えてみたいと思います。

内容や登壇者については鋭意調整中です。詳細は決まり次第,学会ホームページ等でお知らせいたします。

(研究活動理事 伊地知紀子・都村聞人)