2024年度関西社会学会大会若手企画「「状況の社会学」の可能性を探求する」について

研究活動委員会より、2024年度第75回大会若手企画部会について、お知らせいたします。大会までに関連シンポジウムを複数回開催する予定です。何卒よろしくお願いいたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2024年度(第75回)大会若手企画

 

テーマ

「状況の社会学」の可能性を探求する――ゴフマン社会学とエスノメソドロジーの結節点に注目して

概要

社会学において「相互行為」という研究領域は、ゲオルグ・ジンメルによって開拓され、アーヴィング・ゴフマンによって確立されたといえるだろう。ゴフマン以降、相互行為の研究は、エスノメソドロジーや会話分析などの領域で精緻な経験的研究として発展したが、両者のつながりに関しては、どちらも相互行為を探究の対象としている以外には、あまり目を向けられてこなかった。しかしながら、近年の研究では、ゴフマンとハロルド・ガーフィンケルやハーヴェイ・サックスといったエスノメソドロジーの大家たちとの知的交流の軌跡がアーカイブの分析から明らかにされ、ゴフマン社会学とエスノメソドロジーの関係性に注目が集まっている。同時代、同じ米国で生まれたゴフマン社会学とエスノメソドロジーは互いに影響を与え合いながら、相互行為という研究領域を形作っていった。こうした点を踏まえて、アン・ロールズはゴフマン社会学とエスノメソドロジーそれぞれ独立して捉えるのではなく、包括的に「状況の社会学(sociology of situations)」として捉え直し、位置づけ直さなければならないと言う(Anne Warfield Rawls, 2003, “Orders of Interaction and Intelligibility: Intersections between Goffman and Garfinkel by Way of Durkheim,” A. Javier Trevino ed., Goffman’s Legacy, Lanham: Rowman & Littlefield Publishers, 216-53.)。

本部会では、この「状況の社会学」をキーワードとして、ゴフマン社会学とエスノメソドロジーの関係性を改めて問い直し、相互行為を研究対象とする社会学の方法論的意義や課題について、理論・学説・経験研究への応用など、様々な視点から考察することを目的としている。相互行為の社会学的研究には、しばしばミクロな現象を取り扱うことに終始し、社会構造を考察することができていないという「誤解」がつきまとう。こうした困難を乗り越えて、相互行為から社会を考察するための視点として、「状況の社会学」はどれほど有益なものなのか。また、「状況の社会学」をするためには、どのような方法論的課題を克服せねばならないのか。これらの点について、ゴフマン社会学の研究者、エスノメソドロジーの研究者の両面から報告を行い、検討を行う。

企画者・報告者:若狹優(神戸大学)

報告者:木村雅史(作新学院大学)、粕谷圭佑(奈良教育大学)、成田まお(神戸大学大学院)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

公益財団法人たばこ総合研究センター(TASC) 2024年度助成研究募集のご案内

関係各位

時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素より公益財団法人たばこ総合研究センター(TASC)の事業に対しまして、

ご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて当センターでは、たばこを始めとする嗜好品に関する人文・社会科学分野の研究を促進し、学術の振興に寄与することを目的として、研究助成を行っております。

この度「2024年度分助成研究」の募集を開始いたしました。

下記の通り募集をしておりますので、ご応募頂ければ幸甚に存じます。

皆様のご応募をお待ち申し上げております。

                  記

■件名:2024年度TASC助成研究

■募集期間:2023年10月2日(月)~2023年12月1日(金)

■募集要項、申請書の入手方法

当センターのホームページからダウンロードいただけます。

申請の詳細については、ホームページの「研究助成」のコーナーに掲載してありますのでご覧ください。

https://www.tasc.or.jp/

ご不明な点等ございましたら、TASC研究助成担当(info@tasc.or.jp)までお問い合わせください。

以上、よろしくお願い申し上げます。

長崎県立大学地域創造学部専任教員(社会学概論ほか)公募のお知らせ

長崎県立大学地域創造学部公共政策学科では、社会学の専任教員を公募しています。

(1) 専門分野:社会学(計量分析ができることが望ましい)
(2) 担当科目:社会学概論、社会調査法、社会調査演習、基礎演習、専門演習、卒業論文など
(3) 職位:教授、准教授
(4) 応募締切:2023年11月10日(必着)

詳細は下記の大学WebページおよびJREC-INのページをご覧下さい。

長崎県立大学公募情報
https://sun.ac.jp/files/libs/58981/202309081915449752.pdf?1695880394

Jrec-inのサイト
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?id=D123090696

2023年度第74回関西社会学会大会のご報告

2023年5月13日(土)〜14日(日),関西社会学会第74回大会は,京都先端科学大学にて対面で開催されました。4年ぶりの対面開催ということで,一般研究報告は15部会59報告。参加者も多く,いずれの部会でも活発な議論が展開されました。またオンライン開催で蓄積した大会運営の方法(特設サイトでの参加申込,参加費の事前振込など)を一部継承しつつ,報告要旨集はPDF化し,一括ダウンロード形式を導入するなど,新たな試みも進めました。

2020年に始まった「自著を語る〜MY FIRST BOOK〜」も継続して開催しました。今年度は対象者を広げたこともあり,2部会での開催となり8名が,著書に込めた思いを語ってくれました。またFIRT BOOK刊行までの著者や編集者の思いを聞こうと,部会には溢れんばかりの参加があり,熱い議論が展開されました。

開催校シンポジウム「京都を複眼的に解き明かす」は,開催校である京都先端科学大学の先生方による学際的なシンポジウムとなりました。京都先端科学大学の人文学部に昨年発足した京都を対象としつつ普遍的な知の体系の構築を目指す「国際キョートロジー・センター」を中心に,文化社会学,日本史,コミュニティ論・フィールドワークの視点から京都に迫るシンポジウムとなりました。参加者は約30人。司会は竹内有子さん,報告者は,演劇を中心に文化の社会学を専門とする川田耕さん,日本近世史を専門とする鍛冶宏介さん,コミュニケーションの社会学を軸にコミュニティ研究を手がける岡本裕介さん。討論者は大会実行委員長でもある佐藤嘉倫さんでした。

大会シンポジウム「社会学と在日朝鮮人研究」では,在日コリアンの集住地区が点在し,研究のひとつの拠点として多くの知見が蓄積されてきた関西において,社会学のなかでの在日朝鮮人研究の意義を検討することをめざし,関西社会学会を代表する中堅の研究者に登壇していただいた。参加者は約50人。司会は高谷幸さん(東京大学)と蘭信三さん(大和大学)。報告者は李洪章さん(神戸学院大学),徐阿貴さん(福岡女子大学),川端浩平さん(津田塾大学)で,コメンテーターは板垣竜太さん(同志社大学)と片田孫晶さん(立命館大学)。ジェンダーの観点やラッパーという活動から読み解くことで在日朝鮮人研究の「現在地」をおおいに知る契機となりました。

なお,自著を語る,開催校シンポジウム,大会シンポジウムについては次号『フォーラム現代社会学』で詳しくご紹介させていただく予定です。

久しぶりの対面開催となり,慣れない中で大会を運営いただきました京都先端科学大学実行委員会,司会担当の先生方をはじめたくさんの方々のご支援により,無事に大会を終えることができました。

皆さまのご協力に心より感謝申し上げます。

(研究活動委員長 平井晶子)

—以下は大会関連の告知内容のリンク先です。—

大阪公立大学現代システム科学研究科専任教員(社会学)の公募について (応募締切:2023年10月2日(月)消印有効)

このたび、大阪公立大学現代システム科学研究科では、「社会学」の「准教授または講師」の公募を行うこととなりました。

募集人員

准教授又は講師 1名

所属

現代システム科学研究科・現代システム科学専攻・人間科学分野

現代システム科学域・環境社会システム学類

研究分野の内容

社会学。実証的調査研究が含まれていることが望ましい。

担当授業科目(予定)

・基幹教育

「初年次ゼミナール」、社会学系の総合教養科目

・学域

「文化の社会学」、「PBL演習(社会調査)」、「環境社会システム学演習」、「環境社会システム学卒業研究」、社会調査士系科目

・研究科

演習科目、研究科目、特論科目(「文化社会学特論」等)

※大阪府立大学の学生が在学中は、対応する教育についても担当していただきます。

着任予定時期

2024年4月1日

勤務場所

大阪公立大学 中百舌鳥キャンパス

応募締切

2023年10月2日(月)消印有効

詳しくは下記のホームページをご参照ください。

大阪公立大学現代システム科学研究科 公募詳細:

https://www.omu.ac.jp/research/recruit/faculty/entry-00334.html

札幌医科大学医療人育成センター教員公募について

札幌医科大学医療人育成センター教養教育研究部門法学・社会学では、

次のとおり教員を募集しております。

適任者がおられましたら、自薦・他薦は問いませんので、

ご推薦・ご応募いただきますようお願いいたします。

 

職   位:准教授 又は 講師

募集人員:いずれか1名

所   属:医療人育成センター教養教育研究部門法学・社会学

担当科目:社会学等人文・社会科学系科目及び関連分野

採用予定:2023年12月1日以降

募集締切:2023年8月28日(月)【必着】

業務内容、応募資格及び提出資料などの詳細については、下記ホームページをご覧ください。

https://web.sapmed.ac.jp/jp/public/job/03bqho0000000fle.html

大正大学心理社会学部人間科学科専任教員(社会学)の公募について

大正大学心理社会学部人間科学科では、以下のように社会学の専任教員を公募しています。 

あいにく十分な応募期間を設定できませんでしたが、なるべく多くの方に公募情報に接し、応募いただきたいと切望しています。趣旨をご理解いただき、詳細をご確認のうえ、ぜひご応募ください。また、お心当たりの方がいらっしゃいましたら、応募をお勧めいただければ幸いです。 

(1) 専門分野:社会学(都市、文化、移動、生活史のいずれかの分野に関して経験的な研究業績を有する者)

(2) 担当科目:採用者の専門とする分野に関する専門科目(採用者の専門性に応じて最終的に決定する)、社会調査演習、専門演習、基礎ゼミナール、前期共通教育科目等

(3) 職位:教授、准教授、専任講師 

(4) 募集期間:2023 525日~2023 622日(JREC-IN Portal Web応募) 

詳細、必要書類などは、下記サイトページに公表されています。

・求人公募情報検索 : 研究者人材データベース JREC-IN Portal https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D123051390&ln_jor=0

※JREC-IN Portalの「Web応募」機能を使用し、指定の書類を圧縮して1つのフォルダにまとめて応募してください
※詳細は注意事項をご参照ください。

・教員採用情報|大正大学[公式サイト]  https://www.tais.ac.jp/utility/recruit/teacher/ 

CSRDAディスカッションペーパー投稿募集及びSSJDAセミナー報告者募集のお知らせ

東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター(CSRDA)では、実証的社会科学研究の最新成果を迅速に発信することを目的としてCSRDAディスカッションペーパーへの投稿を募集しています。投稿原稿は随時受け付けております。

また、若手研究者が相互の交流を行う場として「SSJDAセミナー」を開催し、研究報告者も募集しております。詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。

・投稿募集サイト:https://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/international/DP/

・セミナー報告者募集サイト:https://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/international/ssjda-seminar/

関西社会学会第74回大会での奨励賞受賞者について

奨励賞選考委員会は、下記の5名の方々に奨励賞を授与することを決定しましたので、ご報告いたします。

委員会では、司会者による評価と、候補者それぞれの報告資料を確認し、下記の5名の方々に奨励賞を授与することが妥当であると判断いたしました。受賞者の皆様、おめでとうございます。

第74回大会奨励賞受賞者(5名)

・稲葉渉太(京都大学)「「有責な人格」としての「自己」と「十分な自由」の概念分析-我々はいかにして「自己責任」を運用するのか-」

・陳暁嘉(京都大学)「台湾の「同性婚」問題をめぐる言説の編成-合法化におけるフレーム調整過程を中心に-」

・塚原真梨佳(立命館大学)「文化ナショナリズムの構築におけるローカル/ナショナルの力学-「戦艦大和のふるさと・呉」を事例に-」

・徳宮俊貴(神戸大学)「見田宗介の他者・関係論-概念図式の整理」

・山下泰幸(同志社大学)「イスラモフォビアを背景とした国外脱出の研究-フランスのムスリムによるドイツへの移住を事例に-」

2023.5.21
奨励賞選考委員長 蘭信三